トップページ

    このサイトではフォードの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「フォードの買取相場を調べて高く買い取りをしてくれる業者に売りたい!」と思っているなら以下で紹介しているおすすめの車買取店を利用してみてください。

    輸入車のフォードを高く査定してもらうためにやるべきことは「複数の車買取会社に査定をしてもらう」ということです。1つの業者だけとか近くのディーラーで下取りをお願いしようと思っているなら明らかに損をするので注意してください。

    中古車一括査定サイトなら入力も数分で終わるくらいとてもシンプルです。複数の車買取業者からの査定額を比較することが可能なので、アメ車のフォード(Ford)の買取相場がすぐに分かりますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、知名度抜群のリクルートが運営する中古車の相場が比較できる無料の一括査定サービス。中古車情報ならカーセンサーと言うくらい知名度抜群なので安心して使えます。
    提携業者も約1000社以上なのでダントツ№1!最大50社にフォードの買取査定の依頼をすることができます。

    中古車の一括サービスは利用すると多くの買取業者から営業電話があることもあるのですが、カーセンサーの場合はメール希望と連絡すれば電話連絡はありません。
    勿論、地方対応で利用料は無料です。

    「できるだけフォードを高く売却したいから買取相場がいくらなのか調べたいけど、電話はちょっとなあ…」と感じているならメール連絡で査定額を教えてくれるカーセンサーが一番おすすめ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、ネット上ですぐに今あなたが乗っているフォードの買取相場が分かるだけでなく、個人情報が送信されないので、電話が入るのはユーカーパックからの1本だけという安心して使える一括サービス。

    オークション形式で最大2000社の買取業者が入札金額を提示するので、数年落ちのフォードでも高く売れる車買取業者が見つかります。

    これまでの車査定一括サービスの場合、申し込み後すぐに複数の買取業者から見積りの電話がかかってくるのがお決まりだったのですが、ユーカーパックで申し込めば電話がかかってくるのは1本だけなので、電話の嵐に対応する必要もありませんし、しつこいセールスを受けることもありません。
    フォードの実車査定も自宅、もしくはガソリンスタンドでの1度のみ。

    査定も電話連絡も1度のみで約2000社の車買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという今注目を集めているサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車一括査定サービス。1分もかからずに入力が終わりますし、申し込みと同時に中古車相場が提示されるので、「自分が乗ってるフォードの買取相場ってネットで分かるの?」ということであれば利用をおすすめします。

    査定依頼後は複数の買取業者から電話がありますが、日本自動車流通研究所の審査を通った優良買取業者だけが登録しているので、執拗なセールスをされる心配はありません。
    車買取業者から電話連絡があった際にはすぐに即決することなく、いくつかの会社に査定してもらうことでアメリカ車のフォードを高く買い取ってもらうことができます。

    約10社の買取業者がフォードの査定をしてくれるため、最高の買取価格を出してくれた業者にあなたのフォードを売却しましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、45秒の入力後すぐにネット上で中古車の買取相場が分かる代表的な一括査定サイト。
    提携している企業は約200社もあり、最大10社がアメ車のフォードを査定してくれます。

    1社でも多くの業者に査定の見積もりを依頼することで査定額やサービスの違いを比較してみることができるので、複数業者に査定のお願いをして数年間乗ったフォードを1円でも高く売却しましょう。

    累計の利用者数は100万人以上なので実績も申し分ないですし、カスタマーサポートも対応してくれますので困ったことがあっても安心です。






    外車王

     外車王は、その名前から分かるように外車専門の中古車の買取業者。
    17年間、外車・輸入車を専門に買い取っており、1年間の取扱台数は輸入車のみで1500台。もちろん、地方対応で出張査定は無料です。

    外車王は外車を専門とした外車買取店なので、輸入車のフォードであれば日本車メインの買取店より高額査定が実現することがあります。
    なので、アメ車のフォードであれば先にランキング上位の中古車一括査定サービスを利用して買取金額をチェックしてみてください。

    複数の中古車買取店に査定依頼をした後で、最終的に外車王に実車査定してもらうのがおすすめです。査定相場よりも高い買取価格を出してくれた時にはあなたが大切に乗ってきたフォードを売りましょう。







    スマホ全盛の時代を反映して、大手の中古車販売店では大衆向けの中古車査定アプリを発表しているのです。

    しかし、プロ仕様の中古車査定支援アプリも存在します。

    まだ少ししか中古車の見積もりを出した経験がない人でも簡単に中古車の査定が可能になるアプリです。

    専用の機械とプロ用に開発されたアプリケーションを一緒に使えば、目の前にある査定対象の車の過去の修理の有無が確認できる仕様になっている場合がほとんどでしょう。

    過去に修理を行った形跡がある車を修理歴車と呼びます。

    この修理歴車は査定時に大きく減額されてしまう元凶となります。

    しかし、修理したことがある全部の中古車が修理歴車として扱われるというわけではないのです。

    車のいわゆる骨格に相当する部分にまで修理が及んでいなければ、ドアやボンネットなどを板金塗装してあったりしても修理歴車とは呼ばないのです。

    ただ、「修理歴車」として扱われなくても、査定時に修理した履歴がある車は見積額を低くされてしまうことも多いに考えられます。

    車を手放そうと決めたならば、先ずした方がベストなことと言えば、その車が今大体どの程度の資産価値があるかを知ることです。

    相場が分かっていることによって異常に安値で売却させられる可能性を大きく回避できますし、事前に調べた相場よりも高値で取り引きしようとしてくれる業者にすぐにそこで取り引きをする判断を下すことも簡単になってくるでしょう。

    オンラインで沢山の業者に中古車一括査定を申し込めるところがあるので、これらのサイトから相場金額を把握することは容易いでしょう。

    自分の車を査定してほしくても、現物をいきなり店舗に持ち込んでしまうというのは良い方法とは言えません。

    複数店舗の査定額などその場では比較しようもありませんので、価格交渉の根拠がなく、安値になる可能性が高いからです。

    ただ、ひとつだけ有難いのは、訪問査定を受けるよりも短い時間で売却できるという点に尽きます。

    買取対象となる商品を持ち込んで査定を受けるので、売買契約に必要な書類や印鑑が揃っていれば、乗り付けた日のうちに契約なんてことも充分可能です。

    何にでも言えることですが、中古車の相場も常に変動しているため、査定士がつけた査定額というのはその価格での買取りを保証する有効期限があります。

    査定見積書のどこかに記載があるものですが、なければ分からなくなりますので、査定金額を出してもらった時点で有効期限の具体的な日にちをしっかり確認することが不可欠です。

    有効期限の設定は、長いところで2週間という感じですが、これが決算期やボーナス時期などには非常に期間が短くなっていることもありますので、気をつけなければいけません。

    ボディのヘコみ、バンパーなどの擦りキズは、買取額の見積時にしっかり確認されます。

    見た目にわかるキズは減額要因になるものの、舗装の巻き上げ等でつく小傷などは「少しありますね」と言われるかもしれませんが、実際に査定額に響くことはないようです。

    それから、傷を気にしてリペアに出すべきか悩む人は少なくありませんが、修理屋が身内価格でやってくれない限り、査定アップで修理代をまかなえる可能性はほとんどないというのが実情です。

    車の修理費は個人と法人(買取業者)で大きく違いますから、個人で高い修理費を払うよりそのまま買取に出したほうがトクなのです。

    何ヶ月間程度残っているかによっても違いますが、自動車車検は見積価格を左右することがあります。

    車検切れの自動車よりも、もちろん車検が残っている方が有利です。

    有利とは言っても、車検の残り期間が1年以上なければほぼ査定額に影響を与えません。

    車検期間が短いと査定アップしないからといって、売却前に車検を通すことは無意味であると言って良いでしょう。

    車検にかかる費用と査定価格に上乗せされる価格とでは、前者の方が金額が高くなる場合がほとんどだからです。

    年間走行距離数1万キロメートルというのが、自動車業界が標準的だと考えている基準値です。

    そうは言ってもこの数字は目安に過ぎず、年式が古い車の場合通常は年鑑の走行距離数がいくらか短くなると考えられます。

    車を買い取りに出す場合にはできるだけ走行距離数が短い方が加点対象になります。

    でも、機械というものは定期的に動かしていないと調子が悪くなってしまうのです。

    車の年式に対して極端に走行距離が少なすぎる場合には、査定時にアップされる金額は少なくなってくるのです。

    自家用車を所有しているとたとえ乗らなくても維持費が結構かかるものですよね。

    自宅近辺に使える公共の交通機関が充実しているなどの理由で、自分で車を所持しなくてもそれ程大変ではないのならば車を売ってしまうことで大幅な節約になるでしょう。

    そんな維持費の内容を見てみると、毎年負担をしなければいけない自動車税や保険料、二年に一度支払う車検代、持ち家でなければ駐車場の代金も負担しなければいけませんね。

    以上の合計金額を計上すると、1年間で数十万円もかかってしまう場合も見られるのです。