トップページ

    このサイトではフォードの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「フォードの買取相場を調べて高く買い取りをしてくれる業者に売りたい!」と思っているなら以下で紹介しているおすすめの車買取店を利用してみてください。

    輸入車のフォードを高く査定してもらうためにやるべきことは「複数の車買取会社に査定をしてもらう」ということです。1つの業者だけとか近くのディーラーで下取りをお願いしようと思っているなら明らかに損をするので注意してください。

    中古車一括査定サイトなら入力も数分で終わるくらいとてもシンプルです。複数の車買取業者からの査定額を比較することが可能なので、アメ車のフォード(Ford)の買取相場がすぐに分かりますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、知名度抜群のリクルートが運営する中古車の相場が比較できる無料の一括査定サービス。中古車情報ならカーセンサーと言うくらい知名度抜群なので安心して使えます。
    提携業者も約1000社以上なのでダントツ№1!最大50社にフォードの買取査定の依頼をすることができます。

    中古車の一括サービスは利用すると多くの買取業者から営業電話があることもあるのですが、カーセンサーの場合はメール希望と連絡すれば電話連絡はありません。
    勿論、地方対応で利用料は無料です。

    「できるだけフォードを高く売却したいから買取相場がいくらなのか調べたいけど、電話はちょっとなあ…」と感じているならメール連絡で査定額を教えてくれるカーセンサーが一番おすすめ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、ネット上ですぐに今あなたが乗っているフォードの買取相場が分かるだけでなく、個人情報が送信されないので、電話が入るのはユーカーパックからの1本だけという安心して使える一括サービス。

    オークション形式で最大2000社の買取業者が入札金額を提示するので、数年落ちのフォードでも高く売れる車買取業者が見つかります。

    これまでの車査定一括サービスの場合、申し込み後すぐに複数の買取業者から見積りの電話がかかってくるのがお決まりだったのですが、ユーカーパックで申し込めば電話がかかってくるのは1本だけなので、電話の嵐に対応する必要もありませんし、しつこいセールスを受けることもありません。
    フォードの実車査定も自宅、もしくはガソリンスタンドでの1度のみ。

    査定も電話連絡も1度のみで約2000社の車買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという今注目を集めているサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車一括査定サービス。1分もかからずに入力が終わりますし、申し込みと同時に中古車相場が提示されるので、「自分が乗ってるフォードの買取相場ってネットで分かるの?」ということであれば利用をおすすめします。

    査定依頼後は複数の買取業者から電話がありますが、日本自動車流通研究所の審査を通った優良買取業者だけが登録しているので、執拗なセールスをされる心配はありません。
    車買取業者から電話連絡があった際にはすぐに即決することなく、いくつかの会社に査定してもらうことでアメリカ車のフォードを高く買い取ってもらうことができます。

    約10社の買取業者がフォードの査定をしてくれるため、最高の買取価格を出してくれた業者にあなたのフォードを売却しましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、45秒の入力後すぐにネット上で中古車の買取相場が分かる代表的な一括査定サイト。
    提携している企業は約200社もあり、最大10社がアメ車のフォードを査定してくれます。

    1社でも多くの業者に査定の見積もりを依頼することで査定額やサービスの違いを比較してみることができるので、複数業者に査定のお願いをして数年間乗ったフォードを1円でも高く売却しましょう。

    累計の利用者数は100万人以上なので実績も申し分ないですし、カスタマーサポートも対応してくれますので困ったことがあっても安心です。






    外車王

     外車王は、その名前から分かるように外車専門の中古車の買取業者。
    17年間、外車・輸入車を専門に買い取っており、1年間の取扱台数は輸入車のみで1500台。もちろん、地方対応で出張査定は無料です。

    外車王は外車を専門とした外車買取店なので、輸入車のフォードであれば日本車メインの買取店より高額査定が実現することがあります。
    なので、アメ車のフォードであれば先にランキング上位の中古車一括査定サービスを利用して買取金額をチェックしてみてください。

    複数の中古車買取店に査定依頼をした後で、最終的に外車王に実車査定してもらうのがおすすめです。査定相場よりも高い買取価格を出してくれた時にはあなたが大切に乗ってきたフォードを売りましょう。







    大方の業者には当てはまらないことですが、数は多くありませんが、悪質な手段を講じる中古車買取業者も中にはあります。

    手口の例としては、見積もりを申し込む時に、見積もりの後に車を持っていくことが可能ならば査定金額を高く出来ますなどと言われて、直ぐに車を引き渡すように強要させられて、車を引き取ったが最後、お金は払わずに、その後一切連絡が途絶えてしまうという詐欺があるのです。

    決められた一定の契約手続きを行おうとせずになぜだか妙に早く車を引き取りたがるスタッフに出会ったら厳重に注意してください。

    車を買取店に持って行って査定してもらった時に、査定額が付かないと言われることがあります。

    その車が「過走行」と呼ばれる走行距離10万km以上の状態だったり、破損状態が大きくて大部分を修理で治した事のある車などは査定金額がゼロ円になることもままあります。

    複数の買取業者で見積もりを出してもらっても一様に査定金額がゼロ円だった際にも、廃車にすることを前提として買い取る業者に引き取りを依頼する事もできますから、一概に売却を諦めてしまうこともないと言えます。

    たいていの場合、中古車買取専門店においては、車を査定するために要する時間というのは待ち時間を除外すると約10分から15分程度です。

    10分少々で済むのは、車種ごとに査定時点でのオークション等の平均額を基にしてあらかじめ基本となる査定金額が決定されていて、ベースになる査定額から車のパーツの状態、それに走行距離などを目視して、それらの状態に応じた減額や加算をすると最終的な価格を決定することが可能だからです。

    プロが見れば素人がいくら頑張ったところで買取対象車の修復歴や事故歴は隠しおおせるものではありません。

    虚偽申告は単なる不誠実というよりも法的な問題に発展します。

    契約前ならその後の話もナシになってしまうかもしれません。

    それに事故歴や修復歴を偽るのはいわば告知義務違反ということになりますから、いずれは契約破棄、減額、全額返金要求といった事態を招くだけです。

    こういった事態に対応するために、契約書に目を通すと虚偽申告に関連した記載がかならずあるものです。

    乗用車は普通、初度登録の年月をベースに何年落ちといった言い方をするものです。

    勘違いされている方も多いのですが、製造年は関係なく初めて登録した年から数えるので気をつけてください。

    当然ながら年数が多ければ多いほど安く査定されるため、たとえば10年落ちに近づいてくると減額査定も著しく、非常な安値で取り引きされます。

    売っても儲けは僅かでしょうが、裏を返せば、買う人からすれば10年落ちで安い価格帯になっている車の中には状態の良いものもあるわけで、探し方次第では掘り出し物が見つかるかもしれません。

    中古車の売却を考えている場合、査定を受けるために突然、買取店舗に車で行ってしまうのは得策ではありません。

    一社では提示された金額が相場かどうかもわからないため、もし損をしていたとしても気づかずに売ってしまうことだってあるでしょう。

    もっとも、良いところもないわけではありません。

    それは、売却にかかる時間が最短で済むということです。

    買取対象となる商品を持ち込んで査定を受けるので、あらかじめ書類一式をそろえて印鑑を持っていけばその日のうちに契約締結も可能です。

    自分が乗っていた愛車を売却する際には、できるだけ事前にきれいに掃除してから査定に出すことが大切です。

    この訳は2つです。

    1つめは車の扱いが丁寧なオーナーであると業者にアピール出来る点です。

    2つめは、車内にこびりついた汚れを落とすことでいやな臭いも少なくなるからです。

    タバコの臭いやペット臭が残っていると、程度問題ですが大きく減額されると思ってよいでしょう。

    臭いの元は車内に残っている汚れですから、細部にわたって掃除を行うことで出来るだけ臭いのない車内にすることができるのですね。

    車の所有者にかかってくる自動車税は、所有車に1年分の請求が来て、その認定日は毎年4月1日と定められています。

    一年分が請求されると言っても、車を手放す際には、税金の残っている月数分に相当する金額が見積もりに上乗せされるようになっているので、月割りで税金を払うのと同じことになるので心配無用です。

    でも、自動車重量税は査定に加算されることはなく、廃車にでもしない限り手元に残りの月数分が還付されるような制度はないのです。

    そうは言っても、税金の支払い月数が残っている分だけプラス査定してくれるケースもあるのです。

    自動車重量税に関しては買取業者と直接交渉してみると良いですね。

    親戚や家族が所有者として登録されている車も買取業者などに売却することは可能です。

    一般的な契約で必要とされる書類のほか、この場合は車検証に記載されている所有者の印鑑証明と、実印を押印した委任状、誰がいつ譲受人に譲渡したのかを記載した譲渡証明書の提出を求められます。

    しかし所有者が既に亡くなっている際は、印鑑登録も無効になりますから単純にはいきません。

    ですから、運輸支局で移転登録を済ませ、車が新たな所有者のものとなった時点で売却が可能になります。

    状況次第で要求される書類は異なりますが、故人所有の車の場合は相当な労力と時間がかかることは否めません。