トップページ

    このサイトではフォードの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「フォードの買取相場を調べて高く買い取りをしてくれる業者に売りたい!」と思っているなら以下で紹介しているおすすめの車買取店を利用してみてください。

    輸入車のフォードを高く査定してもらうためにやるべきことは「複数の車買取会社に査定をしてもらう」ということです。1つの業者だけとか近くのディーラーで下取りをお願いしようと思っているなら明らかに損をするので注意してください。

    中古車一括査定サイトなら入力も数分で終わるくらいとてもシンプルです。複数の車買取業者からの査定額を比較することが可能なので、アメ車のフォード(Ford)の買取相場がすぐに分かりますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、知名度抜群のリクルートが運営する中古車の相場が比較できる無料の一括査定サービス。中古車情報ならカーセンサーと言うくらい知名度抜群なので安心して使えます。
    提携業者も約1000社以上なのでダントツ№1!最大50社にフォードの買取査定の依頼をすることができます。

    中古車の一括サービスは利用すると多くの買取業者から営業電話があることもあるのですが、カーセンサーの場合はメール希望と連絡すれば電話連絡はありません。
    勿論、地方対応で利用料は無料です。

    「できるだけフォードを高く売却したいから買取相場がいくらなのか調べたいけど、電話はちょっとなあ…」と感じているならメール連絡で査定額を教えてくれるカーセンサーが一番おすすめ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、ネット上ですぐに今あなたが乗っているフォードの買取相場が分かるだけでなく、個人情報が送信されないので、電話が入るのはユーカーパックからの1本だけという安心して使える一括サービス。

    オークション形式で最大2000社の買取業者が入札金額を提示するので、数年落ちのフォードでも高く売れる車買取業者が見つかります。

    これまでの車査定一括サービスの場合、申し込み後すぐに複数の買取業者から見積りの電話がかかってくるのがお決まりだったのですが、ユーカーパックで申し込めば電話がかかってくるのは1本だけなので、電話の嵐に対応する必要もありませんし、しつこいセールスを受けることもありません。
    フォードの実車査定も自宅、もしくはガソリンスタンドでの1度のみ。

    査定も電話連絡も1度のみで約2000社の車買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという今注目を集めているサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車一括査定サービス。1分もかからずに入力が終わりますし、申し込みと同時に中古車相場が提示されるので、「自分が乗ってるフォードの買取相場ってネットで分かるの?」ということであれば利用をおすすめします。

    査定依頼後は複数の買取業者から電話がありますが、日本自動車流通研究所の審査を通った優良買取業者だけが登録しているので、執拗なセールスをされる心配はありません。
    車買取業者から電話連絡があった際にはすぐに即決することなく、いくつかの会社に査定してもらうことでアメリカ車のフォードを高く買い取ってもらうことができます。

    約10社の買取業者がフォードの査定をしてくれるため、最高の買取価格を出してくれた業者にあなたのフォードを売却しましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、45秒の入力後すぐにネット上で中古車の買取相場が分かる代表的な一括査定サイト。
    提携している企業は約200社もあり、最大10社がアメ車のフォードを査定してくれます。

    1社でも多くの業者に査定の見積もりを依頼することで査定額やサービスの違いを比較してみることができるので、複数業者に査定のお願いをして数年間乗ったフォードを1円でも高く売却しましょう。

    累計の利用者数は100万人以上なので実績も申し分ないですし、カスタマーサポートも対応してくれますので困ったことがあっても安心です。






    外車王

     外車王は、その名前から分かるように外車専門の中古車の買取業者。
    17年間、外車・輸入車を専門に買い取っており、1年間の取扱台数は輸入車のみで1500台。もちろん、地方対応で出張査定は無料です。

    外車王は外車を専門とした外車買取店なので、輸入車のフォードであれば日本車メインの買取店より高額査定が実現することがあります。
    なので、アメ車のフォードであれば先にランキング上位の中古車一括査定サービスを利用して買取金額をチェックしてみてください。

    複数の中古車買取店に査定依頼をした後で、最終的に外車王に実車査定してもらうのがおすすめです。査定相場よりも高い買取価格を出してくれた時にはあなたが大切に乗ってきたフォードを売りましょう。







    中古車査定において、へこみやキズがある車は査定の際に低く見積もられることが大半です。

    そうはいっても、それを回避しようとして買い取りに出す前に個人でへこみやキズを直すことは勧められません。

    事前に自分で修理しても、その修理に要した経費より多く高く見積もってくれる保証はないからです。

    車を自分で直そうと考えるより、買取が成立した後に、中古車販売店が提携している業者に修理依頼した方が費用を抑えることができるというのがその訳です。

    売却予定の車を査定に出したときに、値段がつかない場合も出てきます。

    走行距離が10万キロメートル以上の「過走行車」や、事故を起こしてかなりの部分修復した車などの場合は0円査定になってしまうケースも良くあることです。

    たくさんの会社で査定してもらったとしてもどこでも0円査定だったとしても、廃車にすることを前提として買い取る業者に買い取り依頼することもできますから、落胆して売却を止めてしまう必要もないということです。

    以前事故や故障を起こして修理などをしたことがある車というのは、隠して買取査定に出したとしても瞬時に判明してしまいます。

    事故や故障での損傷が軽く、それに相応しい修理が実施されているならば修理車とはならないケースもあるので、隠さずに素直に申告した方が良いでしょう。

    修理歴があだとなって、万が一多くの買取会社で査定額が付かないと言われてしまった場合には、事故および故障車専門の買取会社にて相談するといいですね。

    トラックや営業車は別として、個人所有の普通車の1年間の走行キロ数は、1万キロ前後と想定されています。

    そしてその5倍の5万キロという総走行距離の車は業界では多走行車と呼ばれ、買取査定の際にはしっかり減点されます。

    また、これが10万キロともなれば過走行車扱いで金額をつけられないからと買い取りを断られるケースもあります。

    その一方で、走行距離が短い車というのも問題です。

    例えば年式のいった車の場合、走行距離があまりにも短いと外観からは見て取れない部分の状態が非常に悪くなっていることが多く、敬遠されることがあります。

    車を処分するためにネットの中古車一括査定サービスなどを利用すれば、業者からの電話連絡がひきもきらず入って驚くことでしょう。

    見積り金額には幅があるから、現状確認をするために「すぐにでも伺いたい」「訪問の時間を決めたい」と、先着順と言わんばかりの勢いです。

    状況を説明しても執拗に何回も電話攻勢をしかけてくる営業マンもいないわけではないので、断るのが大変なら別の会社と契約してしまったと答えるのが賢い方法です。

    もしくは、電話連絡なしの設定が選べる査定サイトもありますから、面倒を避けるためにそうしたところを利用するのも良いでしょう。

    車の走行距離にも目安があり、走行距離数の多い車は中古車として売る際も減点して査定されると思って間違いありません。

    減点の目安としては、多走行車と言われ始めるのが5万キロ以上で、過走行車と呼ばれる走行距離10万キロ以上の車だと、一般の業者は敬遠するためタダ同然の査定額になってしまいます。

    しかしまったく売却不能というわけではなく、まだ道は残されています。

    この業界には一般の中古屋とは別に、過走行車専門店があります。

    そういった業者に相談すると、細かくパーツ分けした査定を行って、それなりの額で買い取ってくれるでしょう。

    自分で所有する車を売ろうとするときには、手続きに必要となる書類の中に車庫証明は入っていません。

    でも、新しく購入した車に関しては、きちんと自動車を保管する場所を届け出る車庫証明書が必要になってきます。

    これは販売店側で代行サービスを行うケースが多いですが、自分で手続きすることもできます。

    少々手間がかかるとはいえ中古車販売店に支払う手数料分が節約可能になるので、自分で手続きに行っても良いと思います。

    手続きをするときには、前に乗っていた車はどうなったか説明しないといけないので、必要書類として自動車の売買契約書があります。

    家族名義の車や別居の親族の車なども要件さえ整えば売却できます。

    普通の売買手続きで必要な書類に加え、名義人からの委任状(認印不可、実印のみ)と印鑑証明、それから譲渡証明書も必ず必要ですが、押印漏れのないように気をつけてください。

    ただ、所有者が故人のときは、委任状はおろか印鑑証明なども用意できません。

    したがって、所有者の移転登録手続きをして名義を変えてから売却します。

    一般的な売却と違い、亡くなられた方名義の車というのは必要書類も多く、時間も手間も余分にかかることは覚悟しなければなりません。

    場合によるのですが、中古車の売却金は課税対象になるケースがあることを覚えておきましょう。

    売却した車の所有者が個人で、完璧に通勤用となっていれば所得税の対象からは外れます。

    レジャーなどに行くときにも利用していた車であれば、課税対象になり、所得税の支払いをするようになるかも知れません。

    具体的な数字では、車を売ったお金が買ったお金よりも50万円以上高くなったときに所得税を支払います。

    個人事業主として業務で使っている車は売却時のルールが別にありますから、不明な点は確定申告の際に申告書を提出する前に税務署のスタッフなどに相談してみましょう。